ロシア編 最終話

まさかロシアに行くとは、思いもしなかった事です。

 今回行ったところが、ミルクリークという高級ゴルフクラブ。サンクトペテルブル観光。モスクワ観光。良いところばかり見ました。

 ゴルフ場で出会う方たちも、かなりの経済的余裕がある方たちです。高級車で来ています。そして良い教育を受けている方が多く、学歴もモスクワ大学卒業やアメリカの大学、子供達も海外の大学に進学している方達です。なので英語が話せる方も数名いました。

ここのゴルフ場オーナーも、アドバイザーの方も英語は問題なく話せます。

ただ平均的に見れば、まだこれから発展していくことになると感じました。
移動するタクシーの中から見える光景は、まだまだ古く壊れかけている様なとこに住んでいる方や、走っている車なども、日本車にしろドイツ車にしろ古く見えました。

教育にしても、格差があると感じました。

 ゴルフ場で働いてる方や、街のなかでの会話では、全く英単語が通じません。ロシアだから通じないといえば当たり前ですが、ゴルフ場のレストランで、ケチャップ、マヨネーズが通じません。ナイフ、フォーク、スプーンも通じません。英語らしき表現が何も通じない方がいます。

 これが普通のことなのか、英単語を習う機会がないのか、不思議に感じました。

 ただ街には活気があって高層ビルや、インフラ整備で、至る所で工事が行われていました。

 15年ほど前からロシアに駐在している方達に聞くと、ものすごく早いスピードで街が変わってきているとも言ってました。

 これから変わっていくロシアが楽しみだとも言ってました。

とても魅力的な国でした。

また行けることを楽しみにしています。

以上ロシア編でした。

関連記事

  1. セントジョージを離れて

  2. ティーチングプロ選手権予選

  3. 座馬ゴルフホームページ始動

  4. ロシア編 11

  5. ロシア編 10

  6. 障害者ゴルフ東北大会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。