レッスン 6

 レッスンを開始するにあたって、集客しなくてはいけません。
広告うったり、フリーペーパーに載せたりしていくのですが、そんなお金もありません。
当時SNSも進んでいなかったので練習場でポスター貼って、始めました!ぐらいです。

 唯一できたのが、会社の社長が新聞社と繋がりがあり、余った箇所に小さく記事を無料掲載してもらえました。
これが少なからず、何故か反響があり、この練習場に来た事が無い方でもレッスンが受けれる事で来てもらえました。
練習場のお客さんにも少しずつですが、入会してもらい生徒は増えて行きました。

 意外だったのが、近くに練習場は他にもあったもですが、レッスンが受けれる練習場が無く珍しかったみたいです。
ちょっと上手いぐらいのおじさんが、教えてくれる程度だったみたいです。
まともにグリップ、アドレスをレッスンできる人に会うほうが珍しく、グリップの握り方を説明するととても喜んでました。

 ここで始めたレッスンは、10回で15000円、1回90分です。ワンポイントレッスンは無し。必ず10回は受けてもらう形態にしました。1回のレッスンで平均3人ぐらいをレッスンしてました。最大6人にしてましたが、3人ぐらいが丁度良い感じでした。

 ここは今までとの中間ぐらいの練習場で180Yありました。アイアンでは向こうのネットに当たるかギリギリ届かないで、ドライバーなら中段ネットに届けばそこそこ。上段だとなかなかの飛ばし屋。ネットの当たり方によっては強い球、弱い球がわかる良い広さではありました。

スイングを直す事無く、1から作り上げていくスタイルでレッスンしました。レッスンを受ける事自体が珍しい場所だったので皆さん真面目に受けてくれ、一生懸命練習してくれました。レッスンの無い日でも来て練習してくれて良かったです。レッスンだけではなかなか上手くなれないのですが、自主練してもらえると上達は早くなります。

ここでのレッスンの利点は、ミドルコースが付いているのでラウンドレッスンもすぐ出来るという事です。
練習してからラウンドレッスン、最高でした。プレー代も安くお得です。ショートコースでは無いので、ドライバーも触れます。パー5が無いコースです。アップダウンもキツくいろいろな傾斜でスイング出来ますから、とても勉強になります。

18H全てラウンドせずハーフで終われば時間もかかりませんし、課題も十分見つけれますから最高です。

生徒さんにも理解してもらい易くなります。
練習場でいくら打ててもコースで打て無ければ、そのスイングはコースで使えないスイングになる可能性があります。
出来る事と、出来ない事。雑誌や動画で言ってる事が理解してもらい易くなります。
練習すればできる事、練習しても無理がある事。この事がハッキリしないとゴールにたどり着けなくなってしまいます。
コースが付いてい事はとても良い環境です。
海外では当たり前の事なのですが、日本では珍しく、私の住んでいる東海地区にはほとんどないです。
レッスンで通える範囲にはまずありません。

軌道に乗り始め生徒さんの数も30人ぐらいになりこれからだと言う時に事件が起きました。

次回に続く

関連記事

  1. セントジョージの街にて 1

  2. インドアレッスン

  3. ゴルフを考える5

  4. ゴルフとオリンピック

  5. AbemaTVツアー(チャレンジトーナメント)

  6. 日本のゴルフと海外

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。