ショートゲームの練習

 愛知県のある場所にショートゲーム専用の練習場があります。ホールが9H有るのですが、練習用として使えるので、ラウンドしないでずっとグリーンにいても特に問題ありません。ボールを持参してずっと練習できます。なんと1000円で何時間でもいれます。

 ゴルフにをいてショートゲームが大切だと言われますが、思っているだけで練習する方はあまり見かけません。結局はドライバーやアイアンのフルショットの練習をしています。レッスンでもドライバーのレッスンで飛距離や方向性、今流行りのレッスンをします。そのレッスンが好まれるからです。ショートゲームのレッスンにお金を払うのが勿体無い気がするのだと思います。ドライバーさえ良ければ良いスコアが出ると感じるのと、真っ直ぐ飛べばショートゲームは関係なくなると思っています。そこまでは思っていなくても、やはりロングゲームに練習の時間をかけてしまいます。

 違う視点から考えると、日本にはショートゲームの練習場が無いという事です。もしあれば練習する方が増えてくるとは思います。

 ショートゲームの練習場は日本ならゴルフコースの中にあるので、ラウンドしないと使えません。アメリカだとラウンドしなくても練習させてもらえます。

 この差はとても大きいと思います。

 スコアを良くする為にはショートゲームが普通になる必要があります。決して上手くなる必要はありませんが、普通になってもらはないといけません。普通とはウェッジでグリーンに乗せる事です。グリーン周りからパターを使わずに乗せる事です。簡単に感じる方もいるかもしれませんが、失敗したくないと言ってパターを使う方が圧倒的に多いです。パター以外でグリーンに乗せれる様になれば普通です。

 もう一つはウェッジのフルスイング以内の距離になった時にグリーンに乗せれるかです。トップやダフリ、距離感のミスで乗らないが無くならないと良いスコアにはなりません。 

 しかしながら日本にはこの距離の練習できる環境が有りません。マットの練習では全く意味が無いのです。芝生の上からでないと意味が無いのです。 

80Y以内で芝生から練習できる環境が欲しいと感じます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です