試合を終えて

結果としてはとても残念なスコアになってしまった。昨日から降り続く雨でコースはほぼカジュアルウォーターハザード状態。スタートも激しい雨で1時間30分遅らせてからのスタート。今の私のゴルフレベルでは対応しきれませんでした。

トップ通過の選手でも2オーバーなのでかなり難しかったと思いたいのと、2オーバーでラウンド出来る選手が3名と70台でラウンドした選手が10名ほどいて下手さを痛感しました。私は41 46の87でした。

私は朝ホテルを出発してから1Hのティーショット打つまで緊張するのですが、打ってしまえばそこからは緊張も解けて、プライベートでラウンドしている程度の緊張感に変わります。18H全く緊張しないなんて事にはならないのですが、今回はあまりの悪さに緊張から不安がキツくなり、最終的には失望しながらラウンドする事になってしまいました。

ゴルフの緊張について考えますが、なぜ緊張するか?そもそも個人のスポーツなので良くも悪くも責任がありません。チーム戦なら失敗が負けになる可能性があるのでミスれないと緊張する事はあってもゴルフにはありません。

トーナメント選手ならスポンサーや応援している方の期待などがあるから、応えようと緊張する事はあっても、個人で好きで出場しているのと、結果を誰かに報告する訳でもないのに何故か緊張します。

どこかで恥ずかしいゴルフはしたくないと思っているのかもしれませんが、誰に対して恥ずかしく感じているのか?自分に対して感じてしまっているのか?

しかしゴルフから緊張がなくなってしまったら、ゴルフではなくなってしまいます。ゴルフの緊張とは不思議な感覚です。

ただ今回の様に緊張より失望でラウンドする事になってしまったのは残念です。緊張するなら良いスコアでラウンド出来ているときや、通過出来そうな位置にいる時なら良いのですが、これ以上悪くなりたくないと思いながらの緊張では何も得るものが有りません。

今回は残念でしたが、まともな試合ができる様に練習して試合に臨みたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

久しぶりの予選会

次の記事

全米プロ 3日目