クラウンズ最終日

最終日は岩田寛選手の逆転で勝利し終了しました。私は試合を見ることができず、結果だけを見ているのでどんな試合展開だったのかわかりません。しかし上位の顔ぶれは、ベテラン選手と制度の高い選手がいましたので、良い試合だったに違いありません。

高山選手の復活シードをかけた順位では上がれなかったみたいですが、後2試合で決めてほしいと願っています。

岩田寛選手の久しぶりの優勝で幕を閉じましたが、もともとアメリカにも挑戦していた、レベルの高い選手なので、最終日の7アンダーは素晴らしいプレーだったと思います。見たかったですね。

やはり和合で勝てる選手は技術的に優れていないと勝てないということだと思います。

今回の4日間でコースとスコア、試合について書いてきましたが、一般的に望まれる試合と、私が望む試合は全く別だと理解はしているつもりです。

しかしこの様な試合が多く見れたら良いと思います。

関連記事

  1. アメリカの練習環境

  2. QTとマンデートーナメント

  3. 9月18日 ANA最終日

  4. 9月11日 USPGA選手

  5. ゴルフを考える

  6. レッスン 13 最終話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。