アメリカのゴルフ

アメリカのゴルフ場にはプライベートコース(メンバーシップ)

パブリックコース、リゾートコース、などが一般的に有り

ワンオーナーなどの特別コースも有りますが稀です。

今私達が、練習させてもらえているゴルフ場は、リゾートコースです

リゾートコースと聞くと入りづらく、少し高そうなイメージですが

田舎の小さな町のはずれにあるので、人もいなくガラガラで

リゾートといえど、パブリックみたいな感じです。

プレー代も30ドルぐらいだと言ってた気がします。

スタート時間もある程度決めてありますが、空いてればスタートしても良いし、練習して少し遅くしても特に何も言われないです。

今回みたいに、ハーフで2時間ぐらい練習して後半スタートしても

何も言われないです。もちろん人気のコースや、大都市にある様な

コースではダメだと思いますが、かなりの田舎町のコースなので

許される気がします。

練習に入って感じた事の中で、アメリカに来て3日経つのに

体がフワフワしてまともに球に当てれない事が驚きます。

トップ チョロ見たいな球ばかりで、練習150球で

少し感覚が戻りましたが、なかなか変な感じです。

地面が柔らかく、芝生が入り組んだ感じで少し

沈んだ様に見えるので、少し打ち込みたくなるので

FW UTが難しく感じます。

飛距離は、日本とほとんど変わらないです。

日本より暖かいので、その分飛ぶ気はします。

ゴルフ場にはクラブプロがいて、PGAの会員で親切な方でした

日本から来たと言うとビックリして⁉️何しに来たんだ見たいな

リアクションでした。田舎なので珍しかったのかも?

ゴルフ場だけで無く皆んな親切です。

関連記事

  1. 5月14日 ゴルフの勉強

  2. 2月22日 道具

  3. ゴルフを考える11

  4. 12月20日 現地観戦

  5. 11月5日 練習環境

  6. 7月27日 石川選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。