ゴルフを考える4

ゴルフ場があまり密集しないことから、コロナの影響を受けにくく感じられるが、クラブハウスや、レストラン、お風呂、ロッカーなどを使用禁止にして中に入らずスループレーで帰る。海外では普通だが、日本だと珍しいのでこの感じのゴルフ場が増えても良いのかもしれませんね。

ゴルフを続けるにあたって高い壁があり、それを良き出会いや、運良く越える事が出来たとしても1〜2年続けれれば良いほうであると話しましたが、ここから本当に楽しく思え、月に1度ぐらいコースに行くところまでになるのにまた壁がきます。その壁が1番伝えたいところの「難しすぎる」です。

この難しすぎるとは、スコアの事になります。

ゴルフの目的は1打でも少ない打数でラウンドすることです。マッチプレーで相手に勝つか、相手よりも良いスコアで上がるかになります。1人でラウンドするわけではありませんので、必ず同伴者がいます。1人予約やメンバータイムなどもあり1人でゴルフ場に行くことや、始めての方とラウンドする事があったとしても1人でのラウンドはまずないでしょう。そこで問題になってくるのがスコアになります。ゴルフを始めて1〜2年の方が1人予約をするとは思えないので、知り合いの方と行く事になると思いますが、その方が自分よりもスコアが良ければいろいろ教えてくれたりします。いろいろアドバイスを受けても良いスコアにはなりません。110〜130ぐらいのスコアで変わらなくなります。本来の目的である1打でも少なく上がるが、なんとなく練習したり、たまにコースに出てもほとんど進歩が無いと面白いとは思えないです。少しずつでも良くなり、100が切れれば面白いと思えるようになります。一緒にラウンドしている方にもハンデを貰って勝てたり、同じぐらいのレベルでも良い勝負になれば面白さも出てくるでしょうが、いつも120ぐらいのスコアだと何も面白くはないでしょう。4人でまわっても1番悪いスコアになるでしょう。なにかしら勝負をやっていたらだいたい負けます。いつも負けになるでしょう。この状態がゴルフを始めて2〜3年続けてみた時にくる壁です。

ここで分かれ道として良いスコアで回ると決めて週3〜5日練習するか、レッスンに通ってしっかり作り直すか、こんなもんだと続けるか、向いてないと思ってやめるか。

練習するにも、レッスンに通うにも料金はかかるので、経済的負担はかかります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ゴルフを考える3

次の記事

ゴルフを考える5